公務員試験に向けて

企業に就職してからでも、公務員への転職を希望する人が多くいます。現在の仕事を続けながら勉強をすることは容易なことではありませんが、効率よく学習するために公務員を目指す社会人向けの講座を受講する方法があります。当サイトでは、社会人向けの講座を利用した公務員試験の勉強法について紹介します。

働きながら公務員を目指す場合、その勉強方法は大きく分けると3つあります。1つは完全に独学で学習する方法、もう1つは専門学校に通学する方法、最後に専門学校の通信講座を受講する方法です。独学の場合、金銭面での負担は一番軽いと言えますが、自分ひとりで勉強のスケジュール管理が必要なため、長く続かないという人も多くいます。その点、多少のお金は必要になりますが、通学や通信講座を使った学習であれば、わからないところを質問できる人がいて、また周囲には同様に試験に向けて勉強を続ける仲間がいることも励みになるためモチベーションを保つことができます。夜間や土日開講のスクールへ通学したり、通信講座で空いた時間に勉強したりと、自分のライフスタイルに合わせた勉強法を選びましょう。

また、社会人としての勤続年数が長い人は、その経験を買ってくれる経験者枠で応募する方法があります。経験者枠を受験する場合は、一般枠の試験とは試験内容が異なります。そのため、講座を選ぶ際にも社会人経験者用の専門の講座を持っているところを選ぶ必要があるので、その点も考慮しましょう。