どんな勉強が必要か

一般採用枠と経験者採用枠では試験の内容が異なるだけでなく、試験に置かれるウェイトも異なる点に注目が必要です。一般試験では、一次試験に教養試験と専門試験を受ける必要がありますが、経験者枠の試験では専門試験がない自治体が多いです。

公務員試験は出題範囲が広く、勉強量も膨大に必要なため、一見すると専門試験の勉強をしなくていいので、経験者枠のほうが楽に見えます。しかし、経験者枠ではただテストの結果が良いだけでなく、社会人として働いてきた職務経験をどう行政の仕事にいかせるのかなど、具体的な経験を記述したり説明したりできないといけません。

専門試験の代わりにある論文や、その後の面接試験では、それまで社会人としてどのように働いてきたのか、一度就職したのに公務員を目指す理由は何か、など詳しく聞かれます。それだけ即戦力として期待されているということです。これまでの経験や、それをどう職務の中でいかしていくつもりか、あらかじめ明確なビジョンを示せるようにしておきましょう。

一般枠よりも経験者枠のほうが、より人物重視の選考と言えるでしょう。合格を目指すには、筆記試験対策の勉強に加えて、論文の添削や面接対策などのサポートがしっかりしている学校や講座を選ぶことも重要になります。